月別アーカイブ: 2013年1月

水宅配って便利

買い物で一番重いものは、液体だよね。
つまり水やジュースが重くて買って帰るのがしんどい。
でも水を宅配してもらうと、宅急便で運んでくれるのでめちゃくちゃ楽ちん。

そりゃ玄関からキッチンへ運ぶには重いけど、買い物することを考えるとかなり便利。

定期的に届くし、次のサイクルまでに間に合わなければ単発で頼むか、サイクルを早めることも簡単。

会社によっては、一回休むこともできる。
そういった意味でもとっても便利だよ。

水も美味しいし、種類もそれなにり選べるし。
結構にも良いよ。

ミネラルも豊富だしね。赤ちゃんがいるところは、ミネラルが少なめの水を選んだり、RO水にしたりすればいいしね。

お年寄りのいる家庭にもお勧めだよね。

元気な私でもおっくなんだもん、お年寄りはもっとお水買うと重くて大変だよね。

赤ちゃんいる人も赤ちゃんが一緒だと買うのは大変だし。
どんな人にも水宅配はお勧めだね。

一度始めると便利すぎて、やめられなくなっちゃうよ。私も最初は宅配水をお試しでやってみたけど、やっぱり続けたもん。
後、ホットヨガ lavaで汗びっしょりかいて水分が失われた時には、ミネラル豊富な美味しい綺麗な水で水分補給できると最高だよね。ホント、こだわりだしたらきりがないですが。

芯でもできる!?

パイナップル酒は、捨てるような芯でも作れるそうです。
それだと無駄がなくていいですね。食べる部分は美味しいうちに食べちゃって、芯だけ漬けてその後美味しく頂くってのも理想です。
と・・・なるとリンゴも芯とか皮だけでも作れるのかな?とふと思った。

実はリンゴは種や皮に酵母がたくさんあるって聞いたことがある。そうなるとなんか行けそうだよね。

果実酒を調べていると、一緒に酵母の事も勉強できる。

ここまで来たら酵母の事も挑戦してみたい。

なんか果実酒の延長線に酵母がある気がします。

なんでも美味しく完成できればうれしいよね。またできるまでの間のドキドキも同じだし・・・共通点がありすぎる。

美味しパン屋さんは「天然酵母パン」ってところが多いよね。

美味しいから買っていたけど、このことだったんだってわかりました。

天然のものはなんかうれしいし美味しいし、育てたくなるね。これをきっかけに酵母もつくってみよう!

でもこのままだと瓶が足りなそう。

まとめて瓶とホワイトリカーと氷砂糖を買うしかないね。

みかん酒

冬はミカンがたくさん手に入りますよね。
我が家も先日ミカンを頂きました。
そのまま食べてもかなり美味しいミカンなので、果実酒にしてもかなり美味しいのではないでしょうか?
甘いので砂糖は少な目でも平気そうです。

でも1箱はさすがに多すぎるのでみかん酒にしようかな。たしか以前ミカン酒作ったら甘すぎだった気がします。

一昨年あたりに作ったので・・・記憶があいまい。

お酒は熟成期間が必要なので今すぐには飲めないけど、美味しいもんね。

お好みでレモンを入れてもいいみたい。

リンゴ酒作るときもレモン入れるので、レモンはいろんなお酒の脇役だね。

美味しいレモンが売っていたら買ってみようかな。

皮は少し使うけど全部はいらないので、その皮でオレンジピールでも作ろうかな?

ミカンは、簡単に酵母が作れるみたい。

私はパンとかは作らないけど・・・興味本位で作ってみようかな?

冬もいろいろ果実酒等に挑戦できて面白い。

パンやお菓子作りもできるようになったらもっと楽しいだろうな。

果実のパワーの凄さに改めて感動しました。

果実の再利用

果実酒を作りを得た果実ってどうしていいのかわからないよね。
私ももったいないと思いつついつも捨てていました。
しかし調べたらあるんですね、再利用の仕方。

梅ジャムが作れちゃいました。

煮詰めればアルコールも飛ぶので子供でも大丈夫なんだって!

今までの梅返して!と言いたいくらい捨ててしまいました。

梅酒に漬かっていたいた梅と砂糖とレモンで簡単にできちゃいますよ。

種取るのがちょっと面倒だけどね。

梅ジャムはわかったけど・・・他の果実も再利用できるのかな?

いちご酒を次のシーズンで作るけど・・・いちご酒に使った実を使ってアイスができるみたい。これは美味しそう。こちらも火にかけるのでアルコールは飛びそうだね。

梅をジャムにできるんだし、なんでもジャムにできるんじゃないの?

リンゴやイチゴ、杏子、プラム、ブルーベリーなんかジャムによさそう。

ケーキやパンに混ぜ込んでも美味しそうだね。

そう考えるとどんどん楽しくなってきた。

何で漬けると美味しい?

ホワイトリカー以外でも美味しくできる果実酒。
でも初心者は、ホワイトリカーから始めた方がいいと思います。
私も最初はホワイトリカーからはじめました。

自分では作ったことが無いのですが、昔上司が梅酒つくりにハマッテいて、3瓶ほど作る予定が途中でホワイトリカーが足りなくなったので、近くに合ったウィスキーで漬けてみたそうです。

それを毒味?的な感じで会社の飲み会時にもって来ました。それをみんなんで飲んだたら意外や意外美味しかった。

上司は失敗作のつもりでしたが、美味しくできたので翌年も作っていました。ウィスキーはアルコール度数も高いので、結果美味しくなったのかな?私はそのままだと強かったので、サイダーで割って飲みました。

あとはやはりワイン梅酒がうまい。しかしワインってアルコール度数が低いんですよね。

そこで私は自分で作ったときは、ホワイトリカーにワインを混ぜました。
2/3ホワイトリカー、1/3ワインにしました。もっとワインを入れたかったけど、失敗が怖くて少な目にしました。

これでも十分出来上がりは美味しかったです。

ホワイトリカーは無味無臭に近いので、混ぜても平気ですが、ホワイトリカー以外のお酒を混ぜる場合には、味がケンカしないように気を付けた方がいいかもしれません。

最初は、別々に作って飲むときに混ぜて美味しければ翌年から混ぜて作っても失敗は少ないと思います。