果実酒の魅力

元々は、お酒は飲む専門でしたが、美味しい梅酒に出会ってから自分でも作るようになりました。

普通梅酒や果実酒と言えば「ホワイトリカー」で作るものとしか知りませんでした。

しかし・・・自分で作るといろんなもので作ることができるんですよ!

私が感動した梅酒は、「ワイン梅酒」でした。

普通梅酒は、氷砂糖も大量にいれるので、結構甘くどろっとしたお酒ですよね。白ワインで作った梅酒は、かなりさらっとしていてフルーティで美味しかったことを今でも鮮明に覚えています。

思わず店主に「ワインで梅をつければ作れるんですよね?」と聞いたところ・・・「まぁそうなんですが、全部ワインじゃ・・・作れないんです」って。

なんでだろう?と思った私は理由を聞いてみました。

「ワインじゃアルコール度数が低すぎて、腐ってしまうんです。」って、今までそんなアルコール度数の事なんて気にしたことなかったけど、果実酒を作る上では重要なことなんだそうです。

そんなこと店主と話していたら、自分でも作りたくなってきました。

色んなポイントを伺ったので自家製果実酒を作ることにしました。

漬け込むお酒はなんでもいいのかと思っていたら・・・そうじゃなかったことに初めはびっくりでした。

結局よくある果実酒用として販売してあるホワイトリカーの35度が無味無臭に近いしアルコール度数も高いので、果実酒に一番適しているそうです。

アルコール度数が高い方が果実の抽出されやすく、腐りにくいのでできる限りアルコール度数が高いものを選びましょう。

どうしてもアルコール度数が低いこのお酒で造りたい!となりアルコール度数が低いものを選ぶときには(それでも25度はあった方がいいと思う)果実を通常よりも少な目にしましょう。

そうすることで、品質低下を少しは防げます。また、アルコール度数が

少ない時は、長期保存には不向きなので、少量作って完成したらすぐに飲みきるのがいいと思います。もしくは、冷蔵庫保存するなどの対策が必要です。

そんな感じでいろんな点に注意したら、いろいろ美味しく果実酒が作れると思います。

果実酒は、完成するまでにある程度の期間が必要で、出来上がるまでは完成かどうかはわかりません。でもそのドキドキも楽しいし、その分美味しく出来上がった時はとっても嬉しいです。

私は、果実酒以外にもたくさん果実があるときには、サワードリンクなんかも一緒につくります。そちらは早く出来上がるし、美味しいのでお酒以外に作るのもお勧めです。

コメントを残す